葉酸サプリを妊活中からとるべき理由とは

妊活をはじめたばかりの人は、葉酸サプリで葉酸をとりましょう!

雑誌やインターネットでは、よくこんな記事を見かけると思います。

しかし、なぜ葉酸が必要なのでしょうか?

そもそも葉酸とは、どんな効果があるのでしょうか?

葉酸はいつから摂取するべきなのでしょうか?

葉酸サプリはいつから飲み始めるべき?

ズバリ、妊活をはじめた瞬間から。

葉酸は妊婦さんがとるものと考えている人も多いかもしれません。

しかし、葉酸サプリは「赤ちゃんがほしい」と考えはじめた瞬間から、飲み始めるべきです。

そもそもなんで妊婦さんは葉酸サプリを飲むべきなの?

ズバリ、赤ちゃんの先天異常のリスクを低くするためです。

母親の葉酸が不足していたら、「神経管閉鎖障害」という先天異常のリスクが上がると言われています。

妊娠初期は、胎児にとって、とても大切な時期です。

新しい細胞がどんどん増えていき、胎児にとって大切な器官が作られます。

葉酸は、細胞の増殖(DNAの合成)を行います。

このときに葉酸が不足していると細胞の増殖が阻害され、神経管の形成に悪影響がある可能性があります。

妊娠してから飲み始めれば良いのでは?

「神経管閉鎖障害」が起こるのは、中枢神経系が作られる、妊娠4〜5週頃のことです。

妊娠がわかるのは、生理開始予定日の1週間後、妊娠5週目です。

つまり、妊娠検査薬で陽性反応が確認でき、病院へ行った後に飲み始めても、中枢神経系が作られる時期には間に合わないのです。

なんで葉酸はサプリでとる必要があるの?

ズバリ、葉酸は食事から摂取するのが大変だからです。

もちろん、栄養は食事からとるべきという考え方は正しいです。

しかし、葉酸は水に溶けやすい水溶性ビタミンです。

食事によって摂取しようとした場合、水と熱に弱い葉酸は、調理の段階で成分が失われてしまいます。

葉酸の吸収率は、約50%ほどになります。

また妊娠時は、推奨摂取量が多くなっています

日本人女性の葉酸の推奨摂取量は1日あたり240マイクログラムですが、妊婦の場合は480マイクログラムとされています。

およそ、2倍です。

例えば葉酸が多く、食べやすいほうれん草を例に考えてみます。

ほうれん草は、生で100グラムあたり210マイクログラム含まれています。

では、200グラムとれば、葉酸は410マイクログラムぐらいとれるじゃないか、と思うかもしれませんが、ほうれん草はなかなか生では食べないと思います。

多分大多数の人がおひたしなど、茹でて食べるでしょう。茹でた場合、100グラムあたり110マイクログラムしかとれません。

茹でたほうれん草を一束(約5株)約200グラムとすると、ほうれん草を400グラムとちょっと、毎日とり続けることが難しい理由が理解できるのではないかと。

まとめ

  • 葉酸サプリは、先天異常のリスクを下げるために飲む必要がある
  • 葉酸は特に妊娠初期に必要な栄養素
  • 妊娠してから葉酸をとり始めるのでは遅い
  • 葉酸は熱に弱いので、調理の段階で失われてしまうため、食事でとることが難しい
  • 葉酸はサプリからとろう

妊活を開始した人は、ぜひ今から飲み始めましょう!




初回購入60%OFF!【現役産婦人科医が考えた葉酸サプリ】