【妊娠したばかりの人必見】妊娠線は消えない!妊娠線を作る前にケアをしよう

妊娠おめでとうございます!

お腹が大きくなってきたころでしょうか?

まだ、お腹は出てきていないけど、これからどんどん大きくなる予定のママさんでしょうか?

お腹が大きくなるのは、喜ばしいことですが、気をつけてほしいことがあります。

そう、それは、妊娠線

気をつけてほしい、とはいっても、妊娠線ができることによって「胎児に影響がある」とか「母体が危険」なんてことはありません。

とはいえ、女性は皮膚に線が浮かんできたら、気になりますよね。

妊娠線ってどんな状態?

妊娠時にお腹が大きくなることによって、皮膚にずれが起き、その溝が線となってしまうこと。

肉割れのような状態です。

妊娠線ができるメカニズムって?

皮膚は、表面から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層になっています。

妊娠してお腹が大きくなってくると、表面の「表皮」はよく伸びます

しかし、「真皮」と「皮下組織」はあまり伸びません

その伸びのズレによって、裂け目が生じます。

これが妊娠線です。

妊娠線ができる原因

一度できると消えないってホント?

妊娠線は一度できると、よっぽどのことがない限り消えません。

できるまえに、ケアしましょう!

妊娠線を消す方法

よっぽどのことがないと消えないと言いましたが、よっぽどのこと、というのが下記です。
  • 手術を受ける
    • 手術を受ければ治すこともできますが、産後はとても忙しく、なかなか自分の手術のことまで考えられないでしょう。
  • レーザー治療で治す
    • 手術と同様で、産後はとても忙しく、なかなか自分の手術のことまで考えられないでしょう。
    • レーザー治療は、副作用が現れる心配があります。
  • ボディークリームやオイルで少しずつ妊娠線を薄くしていく
    • とても時間がかかりますし、絶対に治るとは言い難いです。

妊娠線ができやすい人って?

皮膚が乾燥している人

皮膚が乾燥している、乾燥肌の妊婦さんは、妊娠線ができやすいです

乾燥していると、肌は伸びにくいので、裂けやすくなってしまうのです。

特に表面の保湿が大切です。

肌の表面が乾燥していると、肌にひび割れがでてきますよね。

その、ひび割れ部分はさらに伸びが良くないため、目立つ妊娠線ができてしまいます。

妊娠中は、肌の弾力を失わせるホルモンが増えるため、乾燥肌が悪化しやすくなります。

普段とくに乾燥しないからいいや、という人でも、妊娠中に乾燥肌になる人もいるので注意しましょう。

皮下脂肪が多い人

皮下組織は大部分が皮下脂肪のため、皮下脂肪が多い人は、皮下組織が厚くなります。

皮下組織が厚いと、皮下組織が余計に伸びづらくなります。

ひび割れは、皮下組織と表皮の伸びのズレで起こりますので、皮下組織が伸びづらいということは、裂け目ができやすくなります。

つまり、皮下脂肪が多いほど、妊娠線ができやすいのです!

【妊娠線予防】大事なのは保湿

一番大切なのは保湿すること!

表皮が柔らかければ、伸びても、裂けづらくなります。

また、肌はみなさんが知っての通り、毎日ケアすることも大切です。

継続的にケアしていきましょう。

マッサージオイルでケア

興福堂さんのマッサージオイルは、敏感肌・乾燥肌・アトピーの女性向けに作られた商品です。

なかなか肌にあうオイルが見つからない方は試してみてはいかがでしょうか?

オススメのボディオイルは…乾燥肌、敏感肌に月桃馬油オイル


 マッサージクリームでケア

オイルより、クリームのほうが良い方は、こちら。

BELTAさんは社員さんがしっかりお悩みサポートしてくれます!



【妊娠線予防】体重を急激に増やさない

体重を急激に増やすと、お腹が大きくなり、皮膚も伸びます

しかし、その伸びに皮膚が追いつかず、裂け目ができやすくなってしまいます。

妊娠中はなかなか難しいのですが、胎児のためにも、自分のためにも、体重をしっかりコントロールしましょう!

妊娠線ができやすいのはどこ?

妊娠線ができやすいのは、お腹はもちろん、二の腕や胸、おしり、ももなどです。

皮下脂肪がつきやすく、乾燥しやすい部分にできやすくなっています。

詳しくはこちら↓

まとめ

妊娠線は、できる前にケア対応が必要です!

一度の妊娠線ができると、消すことはとても難しいです。

毎日の保湿体重コントロールで予防しましょう。

特に保湿はしっかりして、きれいなママになれるように頑張りましょう。