【ニュースを読んだ感想】元ワーキングマザーの女性「専業主婦前提社会」の実態に疑問

はじめに

『元ワーキングマザーの女性「専業主婦前提社会」の実態に疑問』の記事を読んだ感想、意見を記載します。

新聞記者を辞めた後、会社員と女性活躍に関する発信活動、さらに大学院生と3足の草鞋を履きながらバリバリ働いてきた中野円佳さん。ところが2017年、夫の海外転勤により、思いがけず縁遠かった専業主婦生活にどっぷり浸かることに。そこから見えてきた「専業主婦」という存在、そして「専業主婦前提社会」の実態とそれへの疑問を問い掛けます。

引用元の記事はこちら

著者について

中野さんは、バリバリ働いた後に専業主婦を経験したそうです。

『育休世代 VS.専業主婦前提社会』という連載をされています。

専業主婦と共働き。

その経験談が興味深かったので、つらつらと考えをまとめていくます。

専業主婦が忙しいということ

まず、私は専業主婦が暇だとはこれっぽっちも思っていません。

専業主婦になった経験がないから分からないのですが、もし私が専業主婦だったら、夫に「専業主婦だから、もっとちゃんとご飯作ってくれよ」とか言われてしまいそうです。

私自身、かなり家事は手抜きです。

掃除はロボットまかせ、洗濯は夫と一緒に。

私は共働きなので、半分以上夫に家事をやってもらってます。

夫も家事をする。海外ではそれが普通なんですよね。

家事を1人でやるなんて、考えたくもないです。

加えて、子どもはパワフルですよね。目を離すと何をするか分からない子たちと、家事に追われる生活って、とても忙しいですよね。

でも、現状、それは想像でしかないです。

世の中の旦那さんだって、全て想像しかできないはずです。

だから、旦那さんたちは「主婦なんだからもっとしっかりして」と言い、お嫁さんたちは、「こんなにやっているのにもっとやれってなんなの?もっと手伝ってよ」と言うことになるんですね。

加えて、どんどん男性の給料は下がっていき、勤め続けて入れば年収が上がる時代は終わり、共働きでないと家庭を維持できない状態になってきていますね。

もう、専業主婦が当たり前の、昔のままではいられないのです。

それでも、家事は女性がやるべきという風潮がありますね。

これは男性だけが思っているだけでなく、女性もそういう考えが根強いですよね。

専業主婦世帯と共働き世帯の数の逆転

少し驚いたのですが、共働き世帯の方が多くなっているんですね。まさに、逆転。

確かに、私の友人で専業主婦は少ないですね。

とはいえ、子どもを産んだ後、半分くらいは専業主婦になっているらしいとのことです。

余談ですが、私もちょうど結婚を考えていた時期に仕事を辞めたのですが、専業主婦になるから辞めると思われてたらしいです。

なんとなく納得はできますが、やはり結婚したら仕事を辞めるっていう認識は根強いですね。

最後に

中野さんからは、「共働き前提社会にしておく必要がないだろうか」という問題定義がされています。

「家事育児を誰か1人がつきっきりで見ることを前提にした社会を見直していくべき」という意見には、まるっと同意します。

家事育児は大変で、何もかもを1人で抱え込まなきゃいけないことが問題です。

仕事だって、男性が大黒柱となって、1人でこなしていかなければいけないのが、大変でしょう。

考え方は人それぞれですが、私はリスク分散ができる共働きも当たり前の世の中になって欲しいと思います。