【共働きの人向け】家事分担でもめる前に知っておきたいこと

共働きの人は、妊娠、出産、産後などのイベントを、仕事を続けながらこなさなければいけません。

はなから、家事育児を全て女性がやろうと思っているのであれば、確実に時間が足りなくなり、不満から夫婦喧嘩、その続きで離婚に発展しかねません。

そもそも、なぜ女性が家事を担当しなければいけないのでしょうか?

共働きであれば、夫婦でルールをきちんと決めて、家事の分担はしっかりやりましょう。

代表的な家事とは

  • 食事
    •  食事を作る
      • 朝ごはん
      • 昼ごはん
      • 夕ご飯
    • 食器を洗う
  • 掃除
    • 掃除機をかける
    • トイレ掃除
    • 風呂掃除
  • 洗濯
    • 洗濯機を回す
    • 洗濯物を干す
  • 買い物
  • 育児※人によって大きく変わるので、今回は詳細は省きます



収入と労働時間を加味する

男女で思考が異なるのは、よく言われていることでしょう。

分担を決める上で、問題となりがちな点をあげます。

以下、収入と労働時間について記載しますが、どちらかだけではなく、どちらもきちんと読んでください。

収入を加味する

まず、お互いの稼いでいる金額を考えてください。

おおよそ、男性の方が多いことが多いかと思います。

収入が多いということは、それだけの努力をして、それ相応の対価をもらっているということです。

一つ、極端な例を挙げます。

夫婦の片方が700万稼いでいて、もう片方が100万稼いでいたとします。

これで、同じだけの家事を行うとなった場合、文句はわきませんか?

夫婦の片方が500万稼いでいて、もう片方が400万稼いでいたとします。

これで、片方だけ家事の負担が大きかった場合、文句はわきませんか?

この時に忘れてはいけないのは、夫婦で年齢差がある場合です。

一般的に勤続年数が多くなれば、給料は上がっていくのではないかと思います。

片方が30歳で、もう片方が20歳だったとして、同じだけ稼げますか?

いつまで働く予定なのかはわかりませんが、生涯働き続けたとしたら、もしかしたら生涯年収は同じくらいになるかもしれません。

労働時間を加味する

お互いの日々の労働時間はいかがでしょう。

およそ、一日何をしているかの円グラフを作ってみてください。

本当に家事をする時間がとれないでしょうか?

30分あれば、手の抜いた食事であれば、一食つくることだって可能です。

また、お互い、どのくらい仕事をしていますか?

片方が、収入が低いが、労働時間が長くなったりしていませんか?

それは、大きな不満となります。

働いたことのある人であれば、給料を上げるのが、難しいことを知っているでしょう。

職種によって、時給が変わるのは、どうしようもないことです。

給料を上げる努力をするべきなのはもちろんですが、現実にできるかは別でしょう。

お互い同じ時間働いているのであれば、同じ時間家事をするべき、というのは、おかしいことではないでしょう。



結局は話し合い

「◯◯だから、明日から家事分担をこうします」と一方的に言っても、はたして言われた方は納得できるでしょうか?

言われた方はきっと「△△だから、それは不可能」や「なんでそんなこと勝手に決めるの?」なんてことを思うかもしれません。

お互いが納得できるまで、話し合いをしましょう。

違う人間なのだから、考えていることは違います。

言わなくても伝わる、なんてことはありません。

きちんと話し合って、夫婦にとっての正解を探しましょう。

柔軟な対応を

日々、家事をこなす中で、改善できそうなことがあったら、柔軟に対応しましょう。

例えば、転職などで、出勤時間が変わって、朝の時間が忙しくなったとき。

家事を夜にするか、パートナーにお願いして、その分別のことをやる、など調整を提案してみてはいかがでしょうか。

環境とは、常に変化し続けています。それに対応しなければ、ただただ大変になるだけです。

人は余裕を忘れたら、キツイ態度をとってしまうことも多くなります。

それで喧嘩をして、また休めない。悪循環が生まれ、なかなか抜け出せなくなってしまいます。

夫婦は生涯のパートナーです。お互い、支え合って生きていきましょう。

お互いを褒めましょう

感謝

共働きであれば、毎日仕事をしています。

日によって、大変だった日もあるでしょう。

そんな時に、「〇〇がきちんとできていない」などと言われたら、いかがでしょうか?

疲れて帰ってきて、安らぎを覚えるはずの家で家事をしているにも関わらず、怒られる。

普通の人であれば、嫌な気持ちになるでしょう。こんなに頑張っているのに、とやる気がなくなるでしょう。

やってもらったことには、素直に「ありがとう」と言いましょう。

お互いを褒める文化を作りましょう。

まとめ

結局は、家事も仕事も、タスクをこなすということで共通しています。

夫婦間で問題になりそうなことを記載しましたが、周囲の方から別の意見を言われることもあるでしょう。

家事は女性がやるもの、という考えを持っている人もいるでしょう。

しかし、一番大切なのは、夫婦で納得して、協力して生活していくことではないでしょうか。

この記事が夫婦円満を少しでもサポートできれば、嬉しいです。



旬の手作りおかずをお届けする「わんまいる」の通販サイトです 販売実績累計50万食!国産野菜100%の手作りおかずを中心に、ご自宅に居ながら全国のご当地グルメ・専門店の味を1品から楽しめる食のセレクトショップです。