妊娠検査薬って、どこで買えるの?早期妊娠検査薬で早く調べられる?

生理が遅れていて、妊娠したのではないか。そう思ったときに、何をするべきでしょうか?

お医者さんに行く前に、妊娠検査薬で調べてみましょう。

また、赤ちゃんが欲しくて、欲しくて、心待ちにしている人向けに、早期妊娠検査薬の購入方法についても、記載しています。

妊娠検査薬って、具体的にはどんなものなの?

文字通り、妊娠しているかを測定する検査薬です。

メーカによって若干形状は異なりますが、基本的にはスティック状となっています。

検査薬に尿を染み込ませて、この尿にhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)が含まれているかによって、妊娠しているかを測定しています。

妊娠検査薬はどこで買えるの?

ドラッグストアに売っています。

また、妊娠検査薬はインターネットでも購入可能です。

店頭で買うのが恥ずかしい方は、通販で購入しましょう。

オススメなのは、「チェックワン」と「クリアブルー」です。

妊娠検査薬 チェックワン 2回用 第2類医薬品 [CheckOne チェックワン 妊娠検査 妊娠 検査薬 妊娠 検査 早期] アラクス (レター)

価格:1,301円
(2018/5/5 19:22時点)

クリアブルー 妊娠検査薬 2回用【第2類医薬品】

価格:1,080円
(2018/5/5 20:13時点)

妊娠検査薬はどうやって判定しているの?

尿にhCGが一定量以上含まれていると、妊娠検査薬が反応を示して陽性のマークがでてきます

男性や、妊娠していない女性の場合、このhCG値は非常に低く0.7以下です。

  • 妊娠3週目
    • 0~50程度の値
  • 妊娠4週目
    • 20~500程度の値
  • 妊娠5週目
    • 500~5000程度の値
  • 妊娠6週目
    • 3000~19000程度の値
  • 妊娠8週目
    • 14000~169000程度の値

妊娠8週目のときには、非常に高い数値となりまっているのが分かります。

一般の検査薬は尿の中のhCG値が50mIU/mL以上で、陽性のマークが出てきます。

いつ使えばいいの?

薬局などで販売されている一般的な妊娠検査薬は、生理開始予定日の1週間後から使えます。

hCGの分泌量は、着床したタイミングや受精卵の成長スピードによって、変わってきます。

生理開始予定日の1週間後には基本的に規定量に達していることから、この目安となっています。

とはいえ、赤ちゃんを心待ちにしている人は、なかなか生理一週間後まで我慢できないですよね。

規定日より前に検査することを「フライング」と呼びますが、正確性が著しく下がりますので注意が必要です。

また、本当は妊娠しているのに、hCGの分泌が規定量に達しておらず、陰性反応が出る可能性もあります。

妊娠検査薬の正しい使い方は?

妊娠検査薬の使い方は簡単です。

妊娠検査薬に尿をかけて、記載の時間待つだけです。

妊娠検査薬の判定の見方は?

終了窓とは

検査が終了したことを表すのが「終了窓」です。

判定窓とは

妊娠検査薬の判定は、判定窓に線が現れるかどうかで行います。

上記の終了窓と間違わないように注意が必要です。

妊娠検査薬の判定窓と終了窓

商品によって異なるかとは思いますが、判定窓にはっきりとラインが現れたら陽性です。

陰性の場合には何も現れません。

色は薄いけどラインがある場合は?

うっすらとラインが現れている場合には、陽性と確定するのは難しいです。

もちろん、妊娠している可能性もあるかと思いますが、数日後に再検査を行った方が良いかと思います。

どうしても妊娠しているか早く知りたい!

早期妊娠検査薬という妊娠検査薬があります。

早期妊娠検査薬のメリット

検査薬によって異なりますが、月経予定日当日など、通常の妊娠検査薬より早く検査ができます。

妊娠を早く知りたい人にとっては、何よりも大きなメリットですね。

また、早く妊娠を意識することにより、飲酒や喫煙等を避けることもできるかと思います。

早期妊娠検査薬のデメリット

妊娠しているかどうか分からず、場合によっては何度も検査が必要になるため、お金がかかります。

早期妊娠検査薬は、ほとんど海外製のものなので、日本の薬局では手に入りにくいです。

また、化学流産したことを知ってしまう可能性があります。

化学流産とは、受精はしたものの、着床が続かなかった状態のことをいいます。

早期妊娠検査薬では、微量のhCGを感知して陽性反応が出るため、陽性反応が出たのに生理がきてしまったり、出血とともに固まりが出てきてしまう場合があります。

通常の妊娠検査薬では気が付かなかったであろう、化学流産に気づいて落ち込んでしまう可能性もありますので、利用する際の参考にしてください。

早期妊娠検査薬を店舗で購入したい!

薬局などの店頭で購入できる早期妊娠検査薬は、「チェックワンファスト」のみです。

チェックワンは生理1週間後から利用できる商品で、ファストと名前についている商品が早期妊娠検査薬となります。

チェックワンファストは、月経予定日当日から検査が可能です。

医療用体外診断用医薬品にあたるため、取り扱っていない店舗も少なく、手に入りにくいです。

チェックワンファストは薬局でしか売っておらず、なかなか見つけることができないかと思います。

下記のサイトから、取扱店舗を検索することができます。

医療用体外診断用医薬品取り扱い薬局一覧

チェックワンファストが欲しい人は、「妊娠診断補助試薬」を売っている店舗を探しましょう。

また、薬局の調剤室などにおいて保管されているようで、売り場を探すのではなく、店員さんに置いてあるか聞いてみましょう。

早期妊娠検査薬を通販で購入したい

このチェックワンファストの他に、日本で手に入るものは、通販で購入できる「クリアブルーデジタル妊娠検査薬」があります。

類似品もあるようですので、必ず信頼できるサイトからご購入ください。

まとめ

  • 妊娠した疑いがあるときには、妊娠検査薬を使う
  • 妊娠検査薬は、尿によって妊娠しているか判定する
  • 妊娠検査薬はドラックストアや通販などで購入可能
  • 妊娠検査薬は一般的には生理開始予定日から1週間後から使用可能
  • 早く調べたい人は早期妊娠検査薬をオススメするが、デメリットもきちんと考えましょう