マタニティマークを知らない人っているの?認知度は?

マタニティマークをつけていたのに、周りの反応が薄いんだけど……。

それはマタニティマークが目に入っていないか、そもそもマタニティマークを知らない可能性もあります。

マタニティマークの認知度について、まとめてみました。

マタニティマークって何?

妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするもの。

さらに、交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関等が、その取組や呼びかけ文を付してポスターなどとして掲示し、妊産婦にやさしい環境づくりを推進するもの。

【厚生労働省のページより】

簡単に言うと、妊婦さんがつけるマークで、周囲が妊婦さんへの配慮をしやすくするためのものですね。

マタニティマークって、いつできたの?

認知度をきちんと考えるために、まずはマタニティマークがいつ生まれたのか知るべきですね。

マタニティマークは1999年に誕生し、個人での活動を経て、少しづつ活動が広まっていったようです。

電車などでよく見かけるデザインのマタニティマークは、2006年3月10日に誕生しました。こちらは国の活動によるものです。

マタニティマークの認知度は?

知っていた(小計) 知っていた 言葉だけは知っていた 知らなかった わからない
53.6% 45.6% 8% 45.7% 0.7%

【世論調査より】

平成26年度の世論調査の結果の一部です。

全体の約53%の人がマタニティマークを知っているようです。

逆に、約47%の人がマタニティマークを知らないことになります。

※「知っていた(小計)」は「知っていた」と「言葉だけは知っていた」の合わさったもの

認知度の男女差

性別 知っていた(小計) 知っていた 言葉だけは知っていた 知らなかった わからない
男性 41.3 31.2 10.2 58 0.7
女性 63.8 57.6 6.2 35.6 0.7

【世論調査より】

やはり、男性より女性の認知度のほうが高いようです。

男性は40%くらいの人が言葉くらいは、マタニティマークについて知っているとの結果が出ています。

それにくらべて女性は60%弱です。

注目度は女性の方が高いのは、うなづけますね。

会社に通うために、よく電車を使っているサラリーマンも多いのに、意外と知らない人も多いのだな、という印象です。

とはいえ、そこまで大きな差ではないように思います。

認知度の年齢差

年齢 知っていた(小計) 知っていた 言葉だけは知っていた 知らなかった わからない
20~29歳 72.4 66.4 6 26.9 0.7
30~39歳 75.9 68.7 7.2 24.1
40~49歳 63.2 56.9 6.2 36.8
50~59歳 55.8 44.5 11.3 43.5 0.7
60~69歳 44.3 38 6.3 55.4 0.2
70歳以上 33.7 23.9 9.8 64.1 2.2

【世論調査より】

20年ほど前にできたことを考えると、たしかに年が上の人ほど知らない率が増えるのは分かりますね!

30代の人の認知度は約76%!

60歳以上の人は、半数以上がマタニティマークを知らないようです。

活動を開始した年度を考えれば、無理もないように思います。

70歳以上の人は、おおよそ33%ですね。

もっと広まって、妊婦さんに優しい世の中になれば嬉しいですね。

まとめ

  • マタニティマークは20年ほど前(現在2018年)から、個人の活動によって誕生したもの
  • 女性の認知度のほうが高いが、そこまで大きな差はない
  • 高齢の人ほど認知度は低くなる
  • 70歳以上の方は、30%くらいしかマタニティマークを知らない

どんどん広まって、妊婦さんや赤ちゃんに優しい世の中になって欲しいものです。

 

【あわせて読みたい】

 

参照元:母子保健に関する世論調査  [厚生労働省]マタニティマークについて BABY in ME